初心者がANAマイルを貯める方法を公開!

ANAダイナース最新キャンペーン!最大57,000マイルまたは年会費無料!

こんにちは、ワタル(@mile_ouji)です。

ANAダイナースカード最新キャンペーン情報を詳しくお伝えします!

ANAカードやダイナースカードはよくキャンペーンを実施していますが、
正直どれがお得なキャンペーンなのか、どうすればもっとも多くのメリットを受けられるのか、迷うことはありますよね。

私もカードを申し込む際は徹底的にキャンペーン情報について調査してから申し込みます。
というのも以前に痛い目にあって、損をしたからです。

そのため今回はANAダイナースカードでもっともお得で最新なキャンペーン情報を誰よりも詳しくお伝えしますのでぜひご覧ください。

本記事の内容について
  1. ANAダイナース最新キャンペーンについて
  2. 最新キャンペーンの申し込み手順
  3. ANAダイナースのメリットと審査・インビテーションについて

ANAダイナース最新キャンペーンは57,000マイル!または年会費無料!

ANAダイナースキャンペーンの内訳
  1. ANAマイ友プログラム登録:2,000マイル
  2. キャンペーンAコース:最大55,000マイル
  3. キャンペーンBコース:初年度年会費無料と最大22,000マイル

ANAダイナース申込はこちらから!





ANAマイ友プログラム登録(2,000マイル)

ANAマイ友プログラムとはANAカードの紹介システムです。
登録するだけで2,000マイルもらえますので、ぜひ活用しましょう!

登録方法はマイ友プログラム登録で紹介マイルGETという記事にてお伝えしていますので、
そちらをご確認ください。

ANAカード新規入会はマイ友プログラム登録で紹介マイルGET!

必ずカード申し込み前に登録してください!

注意

ANAマイ友プログラム登録で紹介マイルがもらえるのは1回のみです。
これまでに登録して紹介マイルをもらったことがある方は対象外となります。
また、以前登録したけどカード発行しなかったという方は、登録から3ヶ月を超えている場合は再登録が必要です。

ANAダイナースカード新規入会キャンペーンの詳細!選べる2コース!

ANAダイナースカードは2020年9月30日まで2つのコースからキャンペーンを選ぶことができます。

選べるコース内容
  1. Aコース:最大55,000マイル
  2. Bコース:初年度年会費無料かつ最大22,000マイル

このようにあなたのニーズに合わせてキャンペーンが選択できるのは嬉しいですね!
鍵となるのは「初年度年会費無料」だと感じています。

ANAダイナースカードの年会費は29,700円(税込)と決して安くない値段です。
その分特典内容が充実しているのは後ほど紹介します。

ANAダイナースカードの魅力を理解した上でマイルを多く欲しい方はAコース!
まずはANAダイナースカードをお試しで利用してみたいという方はBコース!

それぞれのコースの達成条件についてご紹介します。

Aコース詳細
  1. 新規入会で2,000マイル
  2. 期間中に30万円利用で15,000マイル相当
  3. 期間中に60万円利用でさらに30,000マイル相当
  4. 60万円利用で通常6,000マイル相当(30万円なら3,000マイル相当)
  5. 期間中に家族カード・ビジネスカード作成で2,000マイル相当

上記を合計すると55,000マイル相当のポイントが付与されます。
ダイナースポイントは等価交換でANAマイルに交換が可能です。

Bコース詳細
  1. 新規入会で2,000マイル
  2. 期間中に30万円利用で初年度年会費無料に
  3. 期間中に60万円利用でさらに12,000マイル相当
  4. 60万円利用で通常6,000マイル相当(30万円なら3,000マイル相当)
  5. 期間中に家族カード・ビジネスカード作成で2,000マイル相当

上記を合計すると初年度年会費無料で22,000マイル相当のポイントが付与されます。

それぞれの集計期間はカード発行月によって異なりますのでご注意ください。

カード発行月 有効期限月 集計期間 特典加算時期
7月 8月 2020年7月9日〜2020年10月31日 2021年3月下旬
8月 9月 2020年8月1日〜2020年11月30日
9月 10月 2019年9月1日〜2020年12月31日
10月 11月 2020年10月1日〜2021年1月31日

AコースであればANAマイ友プログラムと合わせて57,000マイルがたまります。
現在は新型コロナウイルスの影響で海外旅行はできませんが、ハワイ往復ビジネスクラスは65,000マイルで搭乗可能ですのでもうすぐです!

ちなみに私がハワイ往復ビジネスクラスで旅行した際の内容は以下の記事で記載していますので参考にしてみてください。

ANAハワイ!A380ビジネスクラス搭乗記!座席シートや機内食などを紹介!

キャンペーン申し込み手順(おさらい)

全て合計すると最大57,000マイルもらえる最強キャンペーンです。
取りこぼしがないようにする申し込み手順をお伝えします。

  • STEP.1
    ANAマイ友プログラム登録
    登録するだけで2,000マイルもらえます。ANAダイナース申し込み前が条件です。
  • STEP.2
    ANAダイナース申し込み
    公式サイトに必要事項を記入しANAダイナースを申し込む。
  • STEP.3
    キャンペーン達成条件をクリア
    マイルがもっとももらえる決済金額ボーナスは可能な限り達成しましょう!
    達成が難しい場合は金券・プリペイドカードチャージなどで消化しましょう。

ANAダイナース申込はこちらから!





ANAダイナースカードのメリット5選!

ANAダイナースカードにはダイナースクラブカード本来のメリットとANAカード特有のメリットがあります。
数多くあるのでここでは厳選したメリット5選についてご紹介します。

ANAダイナースのメリット5選
  1. 通常100円につき1ポイント=1マイルが付与
  2. エグゼクティブダイニングが利用可能
  3. ダイナースクラブごひいき予約が可能
  4. 最高1億円の海外旅行保険が付帯・ショッピングリカバリー年間500万円
  5. 国内外1,000カ所以上の空港ラウンジ利用可能

通常100円につき1ポイント=1マイル

ANAダイナースカードは、ダイナースクラブリワードというポイントプログラムがあります。
100円決済につき1ポイントが付与されます。
その1ポイントは1マイルと交換ができますので、ANAダイナースのマイル還元率は1.0%です。

プロパーカードのダイナースカードでは年間6,000円(税別)のダイナースグローバルマイレージに登録する必要がありますが、ANAダイナースの場合は不要です。

またポイントの有効期限もありませんので、自由気ままに貯めたり使ったりできます。
さらに家族カードやETCカードの他にも、ビジネスアカウントカードも作成でき、これら全てのポイントを合算することもできます。

さらに高額な決済も対応していますので、リフォーム・海外旅行・高級腕時計などでもポイントが貯まります。

エグゼクティブダイニング

ダイナースクラブは名前の通り、ダイニングに特化したクレジットカードですので、グルメ家には非常に人気の高いカードです。

その中でもエグゼクティブダイニングは人気高級レストランを2名様で利用した場合、コース料金1名様分が無料になるというサービスを提供しています。

実はよく比較対象となるアメックスゴールドカードにも招待日和という同様のサービスがありますが、利用可能店舗はダイナースクラブの方がいいです。

アメックスゴールドカードについての記事もありますので比較してみてください。
アメックスゴールド最新キャンペーン比較!年会費無料か40,000マイルか!

ダイナースクラブごひいき予約

ごひいき予約は突然のキャンセルをダイナース会員に提供するダイナース独自のビジネスです。
店側や生産者の悩みのたねである「食品ロス」に着目したサービスです。

エリア登録しておくとLINEにキャンセル店舗の情報が流れてきます。

 

利用可能店舗等は公式ホームページでご確認ください。
参考 ごひいき予約ダイナースクラブ

国内外旅行保険・動産保険が充実

ANAダイナースは最高1億円の傷害死亡・後遺障害が補償されています。
また海外旅行では重要な傷害治療・疾病治療に関しても300万円補償されていますので十分でしょう。

また海外旅行保険はどのクレジットカードも自動付帯ですが、ANAダイナースは国内旅行保険に関しても自動付帯になっているのが特徴です。

自動付帯はカードを持っているだけで補償してくれるもので、反対に利用付帯はカード決済した旅行に関してのみ補償してくれるという違いがあります。

そのため海外はもちろんですが国内旅行をよくされる方はぜひ1枚持っておきたいカードです。

またANAダイナースで決済して購入した商品が購入日から90日以内に盗難や破損した場合も、自己負担1万円を差し引いた金額を、間500万円まで補償してくれるショッピングリカバリーも付帯されています。

これは本会員・家族会員も当然ですが、商品を贈った方でも対象となりますので嬉しいですね。

国内外1,000カ所以上の空港ラウンジが利用可能

ANAダイナースでは無料で国内外の空港ラウンジが利用できます。
家族カード会員も無料で利用できますが、同伴者は有料になります。
ご家族4名での利用の場合は家族カード会員1名が必要になります。

空港ラウンジだとプライオリティーパスを利用される方もいるかもしれませんが、年会費27,000円(税別)で年会費$399のパスとほぼ同等の利用が見込めますので、空港ラウンジについては十分だと思います。

ANAダイナースのラウンジ詳細については「ANAダイナースの空港ラウンジ徹底解明!」にてお伝えしています。

ANAダイナースは空港ラウンジが無料!プライオリティパスと比較してみました!

ANAダイナースの審査手順

審査に関しての基準は公表されていませんが、アメックスより少し厳しい印象です。
公表されている27歳以上であること、年収500万円前後が最低条件になりそうです。

審査の日数は1週間〜10日前後になります。
インターネット申し込みして、数日後に確認書類が届き、書類提出すると正式審査完了でカード到着。

難しく考えず、27歳以上であれば申し込みしてみるといいと思います。

ANAダイナースプレミアムへのインビテーションについて

ANAダイナースはANAダイナースプレミアムへの登竜門でもあるカードです。

一時期はインビテーションを停止していたとのことでしたが、
ゴウタロウさん(@ugoraba)のツイートでインビ再開が証明させています。

インビテーションに関しては確かな情報は開示されていませんが、
コツコツANAダイナースで決済を重ねて、実績を作れば自然とインビテーションが届くはずです。

という私はまだインビテーションを受けていませんのでなんとも言えませんが。
ANAダイナースプレミアムに関しては、ANAダイナースプレミアムの特典7選という記事で紹介してます。

ANAダイナースプレミアムの特典メリット7選!マイル還元率は世界最強2.5%!

まとめ

ANAダイナースは現在最大55,000マイル獲得または初年度年会費無料で最大24,000マイル獲得できる選択キャンペーン実施中です!
このカードを申し込むならこのタイミング以外ないです!

またマイルが足りない、マイルが欲しいという方は年会費29,700円(税込)を支払ってでもAコースノ最大57,000マイルもらえるのでものすごくお得ではないでしょうか?

またまずはANAダイナースを試してみたいという方はBコースで初年度年会費無料を選択し1年間使って継続するかどうか判断すればいいと思います。

ANAダイナースはANAカードとダイナースクラブのそれぞれのメリットが活かせますので、マイルを貯める方はもちろん、ダイニング系がお好きなグルメ家の方は必須の1枚です。
ぜひこの機会にANAダイナースを発行することを検討してみてください。

ANAダイナース申込はこちらから!



2 Comments

manami

既にANAのワイドカードVISAを持っていますが 今回のキャンペーン対象になるのでしょうか?

返信する
ワタル

ご連絡ありがとうございます!返信が遅くなりました。

ANAワイドVISAを持っていても、新たに新規発行であれば対象となりますよ!ご検討してみてください!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です