初心者がANAマイルを貯める方法を公開!

【ソラチカ最新】ポイントサイト案件7,500円!!最大55,575マイル!申込は今がチャンス!

ソラチカカードを申し込みたいけど最新でお得な方法が見つからない!!
そう思っている方に朗報です!今回ポイントサイト案件が復活しました!

ソラチカカードはなかなかポイントサイトに掲載されない有名カードです。
この機会を逃すとまたいつ申し込みすればいいのか分からなくなってしまいます。

ここでは今回のポイントサイト案件はどこがお得なのを紹介するのと同時に、
マイ友プログラム登録や公式キャンペーン内容と申し込み手順についてお伝えします。

この機会を逃すことなくしっかりとお読みください。

ソラチカカードのポイントサイト案件復活!!
最新2019年9月はソラチカ申し込みのチャンス!

ポイントサイト復活でソラチカ入会は最大55,575マイル獲得できる!
  1. ポイントサイト経由で6,075マイル獲得!
  2. マイ友プログラム登録で500マイル獲得!
  3. ANA JCBカードキャンペーンで最大49,000マイル獲得!

ソラチカはどのポイントサイトから申し込みするべきか?

陸マイラーには必需品でもあるソラチカカード。
このカードはなかなかポイントサイトに掲載がないことで有名です。

今回かなり久しぶりに掲載されましたので、日頃入会している方法に加えて、
ポイントサイト経由で申し込むことで6,075マイルお得に入会することができます。

そのサイトの正体は「すぐたま」です!!

ポイントサイト 通常ポイント 期間限定ポイント ANAマイル換算
ハピタス 2,700P
(2,700円相当)
3,500P
(3,500円相当)
2,835マイル
モッピー 5,500P
(5,500円相当)
4,455マイル
ポイントインカム 31,000P
(3,100円相当)
65,000P
(6,500円相当)
5,265マイル
ECナビ 26,000P
(2,600円相当)
67,000P
(6,700円相当)
5,427マイル
すぐたま 6,400P
(3,200円相当)
15,000P
(7,500円相当)
6,075マイル

2018年7月に「ECナビ」と「ポイントインカム」で案件復活しました。
それから2018年末まで様々なポイントサイトでソラチカ案件は継続されました。

2019年も1-2月はポイントインカムが6,100円で継続させています。
9月は「すぐたま」が7,500円と高騰しもっともお得です!

またその他「最速でANAマイルが貯まるおすすめポイントサイト5選!」をご覧ください。

すぐたま登録がまだの方はこちらから登録してください。
すぐたま登録はこちら!

注意

まだ決して申し込みはしないでください!!
すぐたまの登録はすぐに行ってもいいですが、カード申し込みは待ってください!

申し込み手順を間違うと500マイル損しますので、必ず後ほどお伝えする手順を参考にソラチカカード申し込みを行ってください。

ソラチカ申し込み手順(必ず守りましょう!)

今回ECナビで申し込みするともっともお得だということをお伝えしました。
ここからは具体的な申し込み手順をお伝えします。非常に重要なことですのでまずは一読ください。

  • STEP.1
    マイ友プログラム登録
    まずは「マイ友プログラム」に登録します。この作業は必ずソラチカ申し込み前に行ってください。もし手順を間違うと500マイル損しますのでお気をつけください。
    マイ友プログラム登録の手順はこちらの記事を参考にしてください。
  • STEP.2
    ポイントサイト登録
    次に今回もっともお得なポイントサイトであるすぐたまに登録ください。
    登録されていない方はこちらから登録をお願いします。
  • STEP.3
    ソラチカカードの申し込み
    先ほど登録されたすぐたま経由で申し込みます。
    すぐたま経由でソラチカ申し込みはこちらから
  • STEP.4
    公式キャンペーン登録
    ここからはソラチカがお手元に届いてからの手順です。
    公式サイトが行っている入会キャンペーンは参加登録が必要です。
    こちらから参加登録してそれぞれの条件を可能な限りクリアしてください。

上記の手順を守ると最大55,575マイルを獲得する権利があります。
ポイントサイト案件が復活した今だからできる技です!必ず獲得しましょう!

ソラチカの審査期間はどれくらいかかるか?(体験談)

ソラチカカードの審査基準はそこまで厳しくはありません。
これまでクレジットカードが申し込みできた方や、
今まで滞納などされていなければまずもって審査は通過すると思われます。

ただ私もそうであったように、審査期間が人ぞれぞれです。

早い方ですと数時間で結果判定メールがきた方や、
1週間くらいかかっている方もいます。私はと言うと11日もかかりました!!

2017年5月31日に申し込み、結果がきたのは6月11日。
約2週間もかかりました。正直初めてのクレカ審査落ちかと思いました。

それにANAマイルを貯めることを半ば諦めていました。
私のように長くかかる方もいらっしゃいますので、気長に焦らず待ってみてください。

ソラチカカードが無事に発行できた後は、決済メインカードとして
ANA VISAワイドゴールドカードANAアメックスゴールドカードSPGアメックスカードの検討をオススメします。

ANA VISAワイドゴールド新規入会はポイントサイトがお得!マイ友併用で22,972マイルもらえるキャンペーン中! ANAアメックスゴールドは紹介キャンペーンがポイントサイトよりもお得! SPGアメックスの最新キャンペーンを紹介!一撃で139,000ポイントGETできます!

すぐたまからANAマイル交換ルート(ソラチカルート交換率81%)

上記ルートで交換するとすぐたまから81%のANAマイルに交換することが可能です。
すぐたまはTポイントに交換してJR九州のポイントであるJRキューポに交換しGポイントに。
その後は通常のLINEルートと言われるソラチカからANAマイルに交換が可能です。

JRキューポをGポイントに交換するためにはJQカードセゾンが必要になります。
すぐたまで発行すると1,000円相当のポイントがもらえますのでこちらからどうぞ!

上記交換はかなり手間ですが2019年からはTポイント→JRキューポをすっとばしてGポイントに交換が可能になります!

つまり交換回数が4回でANAマイルに交換可能になるので、今後すぐたまがますます使いやすくなることは間違いありません!

すぐたまからANAマイル交換ルート(TOKYUルート交換率75%)

すぐたまは2019年8月からドットマネーへの直接交換が可能になりましたので交換回数3回でANAマイルに75%で交換することができるようになりました!

従来のソラチカルートよりは6%ほど交換レートが劣りますが、交換回数が減るのでおすすめです。
またソラチカルートは月間20,000ポイント(=18,000マイル)が交換上限ですが、TOKYUルートは交換上限がないためたくさんのANAマイルを一気に貯めることができます。

今後はTOKYUルートでの交換がソラチカよりも効率的になるかもしれません。
ちなみにANA TOKYUカードについては「ANA TOKYUカードのポイントサイト比較」にて詳しくお伝えしていますのでご確認ください!

ANA TOKYUカードのポイントサイト比較!お得にマイルを貯めるならこのサイトから!

すぐたまからANAマイル交換ルート(ニモカルート交換率70%)

交換レートは70%と劣りますが、何より交換回数が激減するのが特徴です。
また交換回数制限がないため無限にANAマイルに交換することがメリットです。

しかしながら大きなデメリットがあります。
それはニモカポイントからANAマイルへの交換はオンライン上でできないということです。

九州函館だけにある交換機を使わなければANAマイルには交換できません。
そのため、該当エリア外の方はかなり使いにくいことがデメリットです。

すぐたまはプリンスポイントに交換が可能!

すぐたまのポイントはマイラーとしては嬉しいプリンスポイントに交換ができます。
プリンスポイントが貯まるとプリンスホテルに無料宿泊ができるので旅行先の滞在に利用することができます。

ソラチカでANAマイルを貯めて特典航空券を利用しプリンスホテルにポイント宿泊すれば実質ゼロ円で旅行が完結します。

ANA JCBカードマイルプレゼントキャンペーンについて

現在ANA JCB カードマイルプレゼントキャンペーンという破壊力抜群のキャンペーンが実施されています。

上記画像はJCB公式サイト掲載のもので最大54,400マイル相当と記載されていますが、
ソラチカカードの場合は最大49,000マイル相当もらえますのでご参照ください。

なお本キャンペーンは下記申し込み期限などが設定されていますのでお早めに!

キャンペーン申し込み期限
  • 2019年7月19日から2019年10月15日申込完了
  • 2019年10月31日までに入会完了
  • 2019年11月15日までにキャンペーン登録完了

ANA主催キャンペーンで最大17,500マイル

ANA主催のキャンペーンでは通常入会1,000マイルと合わせて最大17,500マイルがもらえます。
今回のキャンペーンでは利用額とANA便に搭乗というのが肝になります。

17,500マイルの内訳
  1. 通常入会で1,000マイル
  2. 10月31日までにANA便搭乗で1,000マイル
  3. 11月31日までに50万円利用で15,000マイル(15万円利用の場合は3,000マイル)
  4. ANAカードファミリーマイル登録で500マイル
MEMO

上記3の50万円達成すると15,000ポイントとは別に、通常利用分で得られる500ポイント(=2,250マイル)が本来は得られるのですが、JCB側のキャンペーンで70万円決済という条件のキャンペーンがあり重複しているので記載はしていません

JCB主催キャンペーンで最大31,050マイル

JCBでもカード利用金額に応じて最大31,050マイルもらえる強力キャンペーンを実施しています。

最大31,050マイルの内訳
  1. 12月31日までにMyJチェック登録で400OkiDokiポイント(=1,800マイル)
  2. 2019年12月31日までに70万円利用で5,800OkiDokiポイント(=26,100マイル)
  3. 上記70万円利用で700OkiDokiポイント(=3,150マイル)

JCB公式キャンペーンでもらえるのは「Oki Dokiポイント」というJCBのポイントです。

つまりポイントをもらってそのままだとマイルはたまりません。
そのためポイントが付与されたらあなたがANAマイルに移行する必要があります。

Oki DokiポイントをANAマイルに交換するルートは「直接」と「ソラチカ経由」があります。
公式キャンペーンで表示されているマイル数は直接交換した時のマイル数です。

Oki Dokiポイントはソラチカ経由でANAマイルに交換

直接交換:1P=3マイル
ソラチカ:1P=4.5マイル(OKi Dokiポイント→ソラチカ→ANAマイル)

公式キャンペーンで得られたOki Dokiポイントは必ずソラチカ経由でANAマイルに交換!

東京メトロ主催キャンペーンで450マイル

東京メトロのキャンペーンでは11月31日までにPASUMOオートチャージを利用すると500メトロポイントがもらえます。
このポイントは90%のANAマイルに交換できますので450マイルが貯められます。

ソラチカカードはなぜ陸マイラーに必要なのか?

改めてではありますが、ソラチカカードの必要性について簡単にまとめておきます。
確認程度にお読みください。

ソラチカ経由で81%マイルに交換できる

陸マイラーはクレジットカードで決済することでマイルを貯めたり、
ポイントサイトでポイントを貯めることでANAマイルを貯めていきます。

そこで重要となるのが「マイル還元率」です。

クレジットカードならいくら決済すると何ポイントもらえて、
そのポイントはどのくらいのANAマイルに交換できるのかが重要になります。

クレジットカードはマイル還元率が高くないとマイルは貯まりません。
陸マイラーにおすすめなクレジットカードは「ANA VISAワイドゴールドカード」です。
ANA VISAワイドゴールド新規入会はポイントサイトがお得!マイ友併用で22,972マイルもらえるキャンペーン中!

ポイントサイトの場合は、ポイント付与はサイトによって異なります。
同じ案件であればより高いポイントがもらえるポイントサイトを見つけなければいけません。

また得られたポイントをどのようにANAマイルに交換するかでマイル還元率が変わります。
そのマイル還元率がもっともいいのが「ソラチカカード」です。

クレジットカードで得られたポイントやポイントサイトで得られたポイントは、
全て81%のANAマイルに交換できるのがソラチカカードの威力です!

ソラチカカードを所有していないとANAマイルはちっとも貯まりません。

LINEポイントとソラチカルート

2018年4月にソラチカ入口封鎖に関する改悪がありました。
以前はポイントサイトのポイントを「Pex」や「.money!」に集約させ、
そこからソラチカにすることで90%でANAマイルにできました。

しかしながらこのPexなどからソラチカに交換するルートが封鎖されたのです。
ソラチカカード改悪!代替カードはnimoca!LINEポイントを中継に!

ソラチカ入口封鎖の改悪移行は、
LINEポイント」を経由することで81%でANAマイルに交換するルートが最良です。

これまではソラチカだけでしたが、現在はLINEポイントとソラチカのコンビが
陸マイラーには必需品となっています。

各ポイントの交換ルート

ポイントサイトは無数に存在していますので、
私がおすすめしている最速でマイル交換できる厳選5サイトの交換ルートを紹介します。
陸マイラー向けポイントサイトおすすめ5選!マイルを最速で貯めたい人はここしかない!

まずは「ポイントタウン」と「Gポイント」です。

この2つのサイトはLINEポイントに2-3日で直接交換できるので、
ANAマイルに交換するまでの日数が最短ですのでもっともおすすめです!

次に早く交換できる「モッピー」と「ちょびリッチ」です。

この2つはGポイントを経由すれば比較的早く81%でANAマイルにできます。
モッピーは直接LINEポイントに交換も可能ですが、交換比率が悪くなるので、
こちらのルートがお得です。

最後に「ハピタス」です。ハピタス以外も基本はこのルートになります。

ポイントインカムでもお伝えしましたが、少し時間がかかります。
ポイント付与されたらすぐに交換しないと3ヶ月くらいかかりますので注意ください。

まとめ

今回2019年9月はすぐたまでソラチカの案件が継続されています。
ソラチカ以外にもポイントが高騰しやすいポイントサイトです。

すぐたま経由とマイ友プログラム・公式サイトのキャンペーンを合わせることで、
なんと最大55,575マイルもいっきに貯めることができます。

陸マイラーは各ポイントサイトのポイントをLINEポイントに集約させ、
そのポイントをソラチカのメトロポイントに移行することでANAマイルに交換できます。
ソラチカカードを経由することで81%でマイル交換できるので、陸マイラーは必携です。

今回のチャンスを逃すと次いつ案件復活するかわかりません。
ぜひこの機会にソラチカカードの申し込みをおすすめします!

ANAカード新規入会はマイ友プログラム登録で紹介マイルGET!

11 Comments

ビギナー

初心者です。わかりやすく参加になりました。
これを受けてソラチカカードを新規申請したいのですが、ポイントコースはどうしたら良いのですか?教えていただけないでしょうか?
なお、現在決済用でJCBゴールドを申請済みです。

返信する
ワタル

決済用にJCBゴールドがあるなら、ソラチカは無料の5マイルコースでいいと思います。
ソラチカをメインの決済カードにして年間100万円以上使うなら10マイルコースでもいいかもしれませんね。ご参考までに。

返信する
はてな

上記70万円利用で3,500OkiDokiポイント(=15,750マイル)

70万円利用で700OkiDokiポイントではないのですか?

返信する
ワタル

本当ですね!すごい凡ミスをしていました!ご指摘ありがとうございます!
記事修正しておきました。

返信する
陸マイラー初心者

はじめまして。最近、陸マイラーを知り、まずはソラチカカードを発行しようと思いますが、色々検索したところ、上記の記事が一番ポイントが高いです。こちらの手順で発行したいのですが、2点わかりませんでしたので、ご教示いただいてもよろしいでしょうか?
●JCB主催キャンペーンの最大43650マイルのうち、③の上記70万円利用15750マイルがわかりませんでした。公式サイトでもわからなかったのですが、70万円利用すると、26100マイルとは別に付与されるのでしょうか?
●ANA主催のキャンペーンも、最大28750マイル内訳で、50万円利用すると15000マイルとは別に11250マイル付与となってますが、こちらもどこから付与か見つけられませんでした。

初心者で申し訳ございません。お手数ですが、よろしくお願いいたします。

返信する
ワタル

ご連絡ありがとうございます。
JCBの70万円利用で15750マイル、ANAの50万円利用で11250マイルはキャンペーンとは別にそれぞれ得られる通常利用分で得られるポイントをマイル交換した時の合計マイル数です。
キャンペーンがなくても70万円利用すれば得られるポイント数ということです。

ここで謝罪させてください。
私の確認不足でしたが、該当ポイントは50万円利用と70万円利用で重複してカウントしていたので記事を修正させていただきました。
JCBの70万円達成した際に得られるポイント数が最大なのでANA側の50万円で得られるポイント数は削除しました。
お詫びして訂正いたします。

返信する
陸マイラー初心者

ご丁寧にご説明いただきありがとうございます。とても分かりやすいです。こちらのサイトから、すぐたま登録後、ソラチカを発行したいと思います。
あと追加で質問してもよろしいでしょうか?

いま使っているメインカードをANAのVISAワイドゴールドに変更しようと思ってます。その場合、ソラチカカード発行後、すぐに申請した方がよいでしょうか?ソラチカは私と主人とそれぞれ発行し、メインのワイドゴールドカードは主人だけの予定です。
もし何かアドバイス等ございましたら、ご教示いたただけますと助かります。よろしくお願いいたします。

返信する
ワタル

こちらこそ分かりにくくてすみませんでした。

ANA VISAワイドゴールドの発行時期はすぐでも構いませんが、注意すべきは月間のクレジットカード発行枚数です。
同じ月に大量のクレカを発行すると最悪の場合、審査否決になる場合もございます。
そのため同じ月に発行する枚数を2枚程度にしておいた方がいいです。その点だけご注意ください。

またANA VISAワイドゴールドは2021年1月末に還元率低下の改悪が決定しています。
改悪の時に継続するか解約するか検討されるといいかもしれません。

ANA VISAワイドゴールド以外であれば、
年会費は高くなりますがSPGアメックスか、年会費無料カードであれば三井住友エブリプラスとかがおすすめです。

返信する
陸マイラー初心者

いえいえ、とんでもないです。ご教示いただきありがとうございます。色々とアドバイスをいただき調べてみました。今後の事も考えて、SPGアメックスをメインカードにしようと思います。
今から陸マイラー始動ですが、下記の流れで何かアドバイスなどございますでしょうか?また、紹介のID(マイ友、SPGなど)など別途ご教示いただけますと幸いです。
①こちらのサイトから「すぐたま」登録し、私と主人がそれぞれソラチカカードを発行。
②各種のポイントサイト登録。
③主人のみSPGカードを発行し、そちらをメインカードに切り替え。
④今後はサブカードとして、ANAのTOKYUカードなど発行予定です。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です