初心者がANAマイルを貯める方法を公開!

ANAハワイ!A380ビジネスクラス搭乗記!座席シートや機内食などを紹介!

こんにちはワタル(@mile_ouji)です。

今回私は2019年5月にANAがハワイに就航させた超大型機A380フライングホヌのビジネスクラスに搭乗しました!
その際の座席シート機内食などをレビューしましたのでぜひご覧ください!

私はANAマイルを貯め始めてからずっとハワイ旅行を目標に頑張ってきました。
あなたもハワイ旅行を何かのご褒美にしていたり特別なものにしていませんか??

そんな特別なハワイ旅行にさらにプレミアムな空の旅を選択するためにA380ビジネスクラスに乗ってみました。
あなたも気になっている部分はたくさんあると思いますのでぜひこの機会にご覧ください!

この記事がお伝えする内容
  1. ANAのA380フライングホヌについて!
  2. ANAのA380ビジネスクラスの全貌について!
  3. ANAマイルを貯める方法について!

ANAハワイ線A380ビジネスクラスの搭乗レビュー!
座席シートや機内食を存分に紹介します!

フライト概要
  1. 成田 → ホノルル:NH184便 ビジネスクラス(2号機カイ君)
  2. ホノルル → 成田:NH183便 ビジネスクラス(2号機カイ君)

ウミガメをデザインした機体!愛称はフライングホヌ!

ANAが導入したA380は超大型機を飛ばすという意味でも注目されていますが、この3機のデザインにもかなりの注目が集まっています。
どの機材に乗るかは搭乗前までのお楽しみにしていた方がハワイ旅行がより充実すると思います!

1号機は空をイメージしたラニ!

2109年5月24日に初就航したのが1号機のラニです。
まさにシンボル的な飛行機で、機体には3匹のウミガメが描かれています。

2号機は海をイメージしたカイ!

私が今回往復どちらも搭乗したのが2号機のカイです。
ラニとは異なって笑顔が印象的な機体です。

3号機は夕陽をイメージしたカラ!

3号機のカラはまだ運航されてなく2019年9月から運航予定です。
このオレンジ色をした女の子のカラは空港でかなりインパクトがあると思います。

ビジネスクラス座席シートは最新でモニターも大きい!

では機内の様子について座席シートを中心にお伝えしていきます。
ビジネスクラス2階にあり座席配列が1-2-1の4席を14列設定した合計56席あります。

中央真ん中の2席はハワイ線らしくお隣通しくっついたタイプの座席もあります。

夫婦やカップル・お友達同士であればくっついているタイプがおすすめですが比較的満席傾向です。
そういう場合は通路挟んでにはなりますが、通路よりの窓側席との隣通し?も可能です。

座席の設備に関しては最新式のシステムになっています。
その中でも注目していただきたいのが18インチのタッチパネルモニターです。

モニターはタッチパネル式ですが反応がイマイチなのでリモコンもあります。
このリモコンも若干使いにくいですが、常に残り飛行時間が表示されているのは便利でした。

またANAは安全ビデオを歌舞伎風に刷新したばかりですが、ホノルル線専用ビデオは超キュートです。

安全ビデオは非常に重要な内容なのに見過ごすことが多いのに対して、
ANAはさまざまな見てもらう工夫をされているところに企業姿勢を感じました。

また機体カメラは前方下方カメラのほかにも尾翼カメラが新設されているので離着陸時にみると面白いです。

ミニター以外にも座席周辺にはコンセントやUSBポートなども完備されています。

機内食は期間・路線限定メニューもある!和食と洋食が選択できる!

A380は機体塗装や座席シートだけではなく機内食もかなりこだわって提供されています。
特に就航当初はシドニー発祥でホノルルにも店舗があるbillsとコラボした機内食も提供されていました。

5/24-5/31限定メニュー

6/1-8/31限定メニュー

通常メニュー

私は成田ーホノルル線の往路は洋食、ホノルルー成田線の復路は和食を頼みました。
写真は撮り忘れたのですが、復路便のアミューズは通常メニューから提供されました。

洋食

私は成田ーホノルルの往路で洋食をいただきましたが結構のボリュームでお腹がパンパンになりました。
お肉が思った以上にボリュームがあってほかのお客様も残されている方が多い印象でした。

ただ味の方は抜群ですよ!
機内でこれだけのお肉が食べれるというのはさすがANAのビジネスクラスだと感じました。

しかしながら私としては同じA380のビジネスクラスにシンガポール航空で乗った経験があったので、コース料理のように一皿ずつ提供してくれるとより満足度が高いかなと思いました。

シンガポール航空 A380シンガポール航空A380ビジネスクラスにANAマイルで搭乗!機内食やシートは超豪華!

和食

和食は復路でいただいたので味噌汁が印象的でしたしホッとしました。
少し早めに機内で日本を感じられる瞬間でした。

男性の私でも十分にお腹が満たす量でしたのでみなさん満足できると思います。
万が一少し食べ足りないなという方は、機内食提供後はサンドイッチやきつねうどんやスープパスタなどを頼めばいただけますので利用してみてください。

キッズミール

キッズミールは出発24時間前までに事前予約しておくと提供してくれる特別機内食です。
搭乗時にもCAさんからキッズミールご注文承っていますと確認してくださいます。

どのお子さんもそうだと思いますが、お菓子がてんこ盛りなのでうちの子はご飯になかなかありつけません。
そのためいつもお菓子を別で持ってきてもらうように搭乗時にお願いしています。

基本的に往復ともに同じメニューでしたが、ゼリーやお菓子が多少違うくらいでした。
いづれもポテトとおにぎりが可愛らしいお顔をしているので子供も大喜びです。

ドリンク(アルコール)

ドリンクは通常ANAで提供されているものに加えてホノルル線限定としてパインアップルジュースやカクテルのブルーハワイなども提供されているのでぜひご賞味ください。

アルコールとしても日本酒・焼酎・梅酒やシャンパン・ワインなども充実しています。
日本酒ではホノルル線限定の長命泉 吟醸純米酒が用意されていたり、ANAスペシャルワインセレクションとして日替わりでこだわりの銘柄を用意されていますのでお好きな方はお試しください!

搭乗前はANAラウンジが利用できる!

ANA便でビジネスクラスに搭乗するとANAラウンジを利用することができます。
出発前に軽く食事をしたりシャワーを浴びたりできるのでぜひご利用ください!!

成田空港にはANAラウンジが2ヶ所ありますが、A380便出発ゲート近くのANAラウンジをおすすめします。
時間に余裕がある方はどちらも利用してみるのもいいですが、距離があるので時間にはご注意ください。

また今回A380が就航することに合わせてハワイ・ホノルルのダニエルKイノウエ国際空港にANAラウンジが新設されました。
当然ながらビジネスクラスを利用すればホノルルのANAラウンジを利用することができますし、2階アッパーデッキにラウンジから直接搭乗できますので、出発直前までゆっくりすることができます。

ホノルルのANAラウンジについては別記事で詳しく紹介していますのでぜひ合わせてご覧ください。
ホノルル空港のANAラウンジ!A380を目の前に食事ができる贅沢なラウンジ!

またビジネスクラス利用者は成田空港の保安検査を優先的に行えるGOLD TRACKが利用できます。
GWやお盆などの旅行者が多い混雑時には非常に便利ですのでご利用ください。

ANAラウンジもGOLD TRACKもANAプラチナ会員であれば利用することができます。
飛行機により多く乗っている方に与えられる上級会員資格ですが、私のようにSFC修行を行うと得ることができますのでご興味ある方は「SFC修行2019全ルート公開!」をお読みください。

【SFC修行2019】費用39万円PP単価7.7円の全ルート公開!海外発券やエアチャイナが有効!

A380フライングホヌの運行スケジュール!

ANAのA380フライングホヌは2019年7月現在2機で運行されていて9月に3機体制になります。

便名 出発 到着
NH184 成田20:20 ホノルル08:40
NH183 ホノルル11:30 成田15:00(翌日)
NH182 成田21:35 ホノルル10:10
NH181 ホノルル12:45 成田16:00(翌日)

2機体制の現在は、1日1便就航していて日・火・金が1日2便就航しています。
一部8月・12月・1月は変則的で、どの機材で運航されるかは当日まで決定されませんのでお楽しみに!

運がよければそれぞれの機体を同時にみることができるためお得ですね!

私は偶然にも2号機出発前に1号機が到着し、ふたつのコラボをみることができました!

ANAのA380ビジネスクラスに乗るためにマイルを貯めよう!

A380ビジネスクラスの運賃は・・・?!

A380ビジネスクラスの運賃は成田ーホノルル往復1名で20-80万円くらいします。
20万円は最安値なので超閑散期なので非現実的かもしれません。

GWやお盆などでは50-80万円くらいが当たり前です。
ホノルルまでビジネスクラスで行くのでそれなりの値段がするのが現実的ですね・・。

A380ビジネスクラスでハワイ往復に必要なマイル数は??

飛行機には現金ではなくマイルを使った航空券も取ることができます。
マイルを交換して予約する航空券を特典航空券と呼びますが、行き先に応じて必要なマイル数が異なります。

ホノルルにビジネスクラス往復で必要なマイル数は60,000-68,000マイルです。
幅があるのはローシーズン・レギュラーシーズン・ハイシーズンで変動するからです。

ハワイに必要なマイル数に関しては別記事でも紹介していますのでご興味があれば参考にしてください。
ハワイ往復マイルで行きたいあなた!必要マイル数と貯め方を伝授します!

またマイルをANAスカイコインというコインに交換することができ、
スカイコインは現金のように航空券やツアー代金に充当することができます。

ホノルル線ビジネスクラス特典航空券は1便につき2席しか枠がありませんのでかなりの激戦です。
しかしながらANAスカイコインを利用する場合は座席に空席があればいくらでも予約可能なので利用価値が高いです。

特典航空券が取れない場合はマイルをANAスカイコインに交換して予約することをおすすめします!

ANAマイルの貯め方は??

肝心なANAマイルの貯め方ですが実はものすごく簡単に貯めることができます。
特別なことはほとんどする必要がなく、日常生活にちょっとして工夫をするだけで貯まります。

ANAマイルは初心者の方でも年間10-30万マイルは貯めることができますので、
ハワイ往復ビジネスクラス2-4人くらいの必要マイル数は貯めることができます。

初心者がANAマイルを簡単に貯める方法については別記事で紹介していますので参考にしてみてください。
ANAマイルの貯め方と使い方ガイド!初心者必見の裏ワザもあり!

まとめ

今回はANAが2019年5月に就航したA380ビジネスクラスに搭乗してみたのでレビューしてみました。
私としてもANAマイルを貯め始めてから初めてハワイに行けたので非常に感慨深かったです。

A380ビジネスクラスはまだ新しく新車のような匂いがするくらいきれいでしたし素晴らしかったです。
ANAがこだわって設計したウミガメの塗装や座席シート・機内食・安全ビデオなど細部にわたるこだわりがとても印象的でした。

またビジネスクラスを利用するとGOLD TRACKやANAラウンジなども空の旅を楽しむことができるもので、新しく完成したホノルル空港のANAラウンジも素敵でした。

私はANAマイルを貯めて今回A380に乗ることができましたので、あなたもANAマイルを貯めてA380やハワイ旅行に行かれてみてはいかがでしょうか??

なんか貯め方がよくわからないなと思うかもしれませんが、比較的簡単に貯めることができるのでぜひチャレンジしてみてください!

ANAマイルの貯め方と使い方ガイド!初心者必見の裏ワザもあり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です