初心者がANAマイルを貯める方法を公開!

ソラチカ改悪で各ポイントサイトの交換ルートと交換率は?

突然発表されたソラチカの改悪。

「ソラチカ→ANAマイル」の90%交換率の低下ではなく、

その直前の「中継サイト→ソラチカ」の交換サービス終了のアナウンス。

 

予想していなかったことなので、慌てる方もいるかもしれませんが、

90%は無理ですが、今できる最大限をご紹介していきます。

ソラチカ改悪の真相

 

ではおさらいですが、今回の改悪ポイントについてご紹介します。

 

以下公式HP掲載内容です(「.money」分のみ)

平素はTo Me CARDをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
この度「ドットマネー」との提携サービスは、2018年3月31日をもちまして終了させていただくこととなりました。
つきましては、サービス終了日以降は、「ドットマネー」から「メトロポイント」へのポイント交換サービスはご利用いただけません。
長らくご愛顧を賜りましたお客様には、サービスの終了によりご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申しあげます。
これまでご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

 

他にも「Gポイント」「Pex」「ネットマイル」の4つのサイトから

メトロポイントへの交換サービスが中止となりました(2018年3月31日以降)。

ソラチカからANAマイル交換率の低下を予想していましたが、

どうやらその前段階の中継サイトからの交換を止めるという奇策でした。

 

ソラチカカードには「ANA」「東京メトロ」「JCB」の3社が関わってきます。

今回の改悪内容からすると「JCB」による改悪かと推察されます。

 

恐らくソラチカを発行しても決済利用する人が少なかったのではないでしょうか?

あくまでも私の私見です。

ソラチカ改悪後はどうすればいいのか?

 

皆さんが気になっているのは今後どうするかですよね?

私も色々考えましたが、これまで通り高い水準での

ポイント交換は実現できそうにありません。

 

私が見つけた方法でも最高は81%交換率

 

その方法は、

① LINEポイントを中継サイトにする

② ANA nimocaカードに切替か併用する

 

LINEポイントを新たな中継サイトにする

 

実はこれまでは注目されていませんでしたが、

今回交換サービス中止になった4サイト以外にも、

メトロポイントに交換できるサイトはあります。

 

問題は「交換率」だったんです。

これまでの4サイトはすべて100%でメトロポイントに交換できました。

 

しかし「LINEポイント」は90%でメトロポイント交換になります。

 

そのため今までは利用する価値が低かったんですが、

今回は脚光を浴びることになりました。

 

LINEポイントは90%でメトロポイントに交換できますが、

「モッピー」「GetMoney!」「ポイントタウン」に関しては、

Gポイント→LINEポイントに100%で交換できます。

 

そしてLINEポイントからソラチカに90%で交換できるので、

交換率は多少落ちますが、ソラチカを継続利用でき、

「モッピー」「GetMoney!」「ポイントタウン」は

81%でANAマイルになります

 

「ハピタス」「ちょびリッチ」はどうするか?

 

考え方は同じなんですが、「ハピタス」「ちょびリッチ」は

80%でLINEポイントに交換となります。

 

そのため最終的なマイルは64.8%とかなり低下します。

これでもTポイントなどよりはマシですが・・・。

 

以上より、これまでのポイントサイトは「LINEポイント」を経由すれば、

ソラチカルートが活用できますが、最大でも81%交換率。

 

1点気になることとしては、LINEポイント経由がいつまで続くかということ。

恐らく今回の改悪と同じでLINEポイント経由が増えれば、

必然的にこのルートも封鎖されると思われます。

 

言わばその場限りの対応策です。

では、将来的にどうするのがいいのか??

ANA nimocaカードを新たに活用する

 

現在考えられる将来的なルートは「nimocaルート」です!

昨年12月に登場したばかりの新鋭ですが、ANAマイル還元率は70%!

 

ソラチカ90%よりは見劣りしますが、メリットもありますしこれ以外の

Tカードや楽天カード・nanacoカードを活用して50%よりはマシです!

メリットとしては、ソラチカの月間20,000ポイントのような上限がなく、

回数制限なくポイントをANAマイルに交換できるという点。

 

つまり年間216,000マイル以上貯めることも可能になります。

 

しかしデメリットもあります(一部地域を除いて)。

それはポイント交換が九州・函館にある交換機のみということ。

 

ポイントをマイルにするためだけに旅行が必要です。

もちろんその地域の方はデメリットでもなんでもありません。

 

一度ポイントをPexに交換し、その後nimocaポイントに交換します。

 

ご覧の通り、

モッピー・GetMoney!・ポイントタウン→nimocaは100%

ハピタス・ちょびリッチ→nimocaは90%

 

これらよりnimocaルートを活用すると

前者3サイトは70%でANAマイルに、後者2サイトは63%でANAマイルに。

 

なんだかこれまで人気だったハピタス・ちょびリッチの魅力が低くなりますね。

 

恐らく将来的にポイント集めは、

「モッピー」「GetMoney!」「ポイントタウン」が主流になるでしょう!

 

ただ、恐らくですがハピタスやちょびリッチも黙っていないと思います。

 

実は「モッピー」は現在JALマイルには直接90.9%という

破格のキャンペーンを12月に続けて継続しています。

 

このように中継ポイントを利用しなくても

直接交換が高率でできる可能性が今後高くなっています。

 

今後に期待ですね。

 

ANA nimocaカードは現在ポイントサイトでの扱いはありません。

そのためお得に発行するには「マイ友プログラム」が必要です。

 

登録して2ヶ月以上経過している場合は再登録する必要がありますので、

こちらから再登録をお願いいたします。

 

もれなく500マイルが付与されます。

ソラチカ改悪によるまとめ

 

今回の改悪はいつかは起こることでしたが意外でした。

しかしまだ道は残されています。

 

「LINEポイントを中継サイトにする」「ANA nimocaカードを活用する」

この2点が改悪を乗り切る方法です!

 

各ポイントサイトの交換ルートと交換率は、

ソラチカ改悪でANA VISAゴールドの還元率は下がる?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です