初心者がANAマイルを貯める方法を公開!

PayPayに残高チャージできる唯一のクレジットカードは?

こんにちは、ワタル(@mile_ouji)です。

あなたはPayPayを使っていますか?
私はかなりのヘビーユーザーで最近ではほとんど現金を使うことがなくなりました!

おそらくこの記事をご覧になられるということはすでにPayPayを使っているもしくはこれから使おうと思っているのだと思います。

そしてよりお得に便利に残高チャージができる方法はないかと考えていますね?
その答えはクレジットカードでのチャージです。

しかしあるクレジットカード以外ではPayPayに直接チャージはできないんです!
私も保有しているアメックスカードが登録できなくて最初は驚きました。

そんなあなたのためにPayPay残高チャージできる唯一のクレジットカードについてご紹介いたします!

本記事がお伝えする内容
  1. PayPayに直接残高チャージできるカードについて
  2. そのカードでチャージする手順
  3. そのカードのメリット3選について

PayPay登録がまだの方はこちらから:iOS用 / Android用

PayPayに残高チャージできるカードはYahoo! JAPANカードだけ!

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)はPayPayに直接残高チャージができる唯一のクレジットカードです。
本人確認を済ませておけば簡単操作で即時チャージできますのでおすすめです!

Yahoo! JAPANカード申し込みはこちら!

PayPayの残高チャージ方法は5つ!

PayPay残高チャージ方法!
  1. 銀行口座
  2. セブン銀行ATM
  3. ヤフオク!PayPayフリマの売上金
  4. ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)
  5. ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

PayPayにチャージするためには上記5つの方法でチャージする必要があります。
クレジットカードでチャージすることも可能ですが、クレジットカードはヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)しか直接チャージすることができません。

MEMO

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いであれば携帯電話料金と一緒に支払うことができるので、ヤフーカード以外で支払うことも可能です。
ここでは直接チャージできるカードという意味でヤフーカードを紹介しています。

なおチャージできる上限金額はチャージ方法で異なりますのでご注意ください。

チャージ方法 過去24時間 過去30日間
銀行口座
セブン銀行ATM
ヤフオク!PayPayフリマ
50万円 200万円
ヤフーカード 2万円
(最大25万円)
5万円
(最大25万円)
ソフトバンク・ワイモバイル
まとめて支払い
各自設定金額による 各自設定金額による

Yahoo! JAPANカードでチャージがお得!

PayPay残高にチャージできる唯一のカード!

ヤフーカードはPayPayに直接残高チャージできる唯一のクレジットカードです。
数あるクレジットカードの中でたった1枚だけが利用できるカードなのです。

すでにお伝えしましたが、チャージ上限金額は24時間以内が2万円で30日以内は5万円と制限があります。本人認証を行えば上限金額を引き上げることが可能です。
通常コンビニやスーパーなどの小売店などで利用することが多いPayPayであれば特に困ることはない設定金額だと考えられます。

万が一それ以上のチャージが必要であれば必要に応じてジャパンネット銀行からチャージできるよう準備しておくといいかもしれません。

ジャパンネット銀行は今なら現金500円プレゼントさせるキャンペーンも実施していて、PayPayに手数料無料で出金できるので非常にお得です。

PayPayとクレカでポイント2重取りが可能!

注意
残念ながら2020年1月末をもってYahoo! JAPANカードによるPayPayチャージによるポイント付与は終了してしまいました。

ヤフーカードは決済金額100円につき1ポイントのTポイントが貯まります。
つまりPayPayにチャージするだけでポイント1%還元されることになります。

またPayPayはキャッシュレス・消費者還元還元事業に参画しているので利用金額に応じて最大5.0%のポイントが付与されます。

そしてさらに「まちがどペイペイ第2弾キャンペーン」を実施しているので、さらに1.5%のポイント還元を受けることができますし、20回に1回の確率で最大1,000円相当がポイントバックされます!

具体的に1,000円をチャージして1,000円利用したとすると・・

  1. ヤフーカードで1,000円チャージ(1%付与)
  2. 消費者還元5%還元対象店舗で1,000円をPayPay払い(5%付与)
  3. さらにPayPay利用特典で1.5%付与
  4. 合計7.5%の75円相当が付与されることになります。

このようにヤフーカードで消費者還元事業をうまく組み合わせれば最大7.5%もの恩恵を受けることができます!

PayPayチャージをYahoo! JAPANカードでされたい方はぜひこの機会に!

Yahoo! JAPANカード申し込みはこちらから!

PayPayにYahoo! JAPANカードでチャージする方法!

それではヤフーカードでPayPayにチャージする手順をお伝えします。


  • STEP.1
    クレジットカード登録

    PayPayでチャージできるようヤフーカードを登録します!

  • STEP.2
    本人認証(3Dセキュア)

    本人認証を行い不正利用を防いだり、利用限度額が変更できます。



  • STEP.3
    ホーム画面のチャージを選択

    PayPayを起動させホーム画面の右になるチャージを選択。


  • STEP.4
    チャージ方法を選択

    画面中段にあるチャージ方法からヤフーカードを選択。

  • STEP.5
    チャージ額を入力

    チャージしたい金額を入力し画面下のチャージするを選択。


  • STEP.6
    チャージ完了

    これでヤフーカード経由でチャージが完了です!


これでお得にチャージをしてお得にお買い物ができる仕組みが完成しました!

Yahoo! JAPANカードのメリット3選!

ポイント還元率は通常1.0%で最大3.0%も!

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)は通常100円につき1ポイントのTポイントが貯まるのでポイント還元率1.0%です。
年会費無料で還元率1.0%であれば非常に優秀と言えるクレジットカードです。

しかもポイントが貯まるのは税込価格なんです!
多くのカードは税抜価格で計算されることが多いのですが、税込価格であれば多少ですがよりポイントが貯まりやすいと言えます。

また小売店などの決済だけに限らず、電気・ガス・水道などの公共料金や固定資産税や住民税なども支払いが可能で、こちらもTポイント付与対象です!

様々な固定費なども合わせて決済すれば自然とTポイントがザクザク貯まるカードなんです!

さらにYahoo!ショッピングやLOHACOを利用すると毎日3.0%のポイント還元になりますので非常にお得です!

貯まったTポイントの使い道が多数!

ヤフーカード決済で貯まったTポイントは様々なTポイント提携先で利用することができますし、ポイントをその他のポイントサービスや現金に交換することも可能です!

またANAマイルなどの航空マイレージにも交換が可能ですのでマイルに興味がある方はこちらの記事も参考にしてみてください!

ANAマイルの貯め方と使い方ガイド!初心者必見の裏ワザもあり!

Tポイントはすでにご存知だと思うので割愛いたしますが、コンビニやスーパーやドラックストアなど提携先は無数にあるので貯まったポイントを無駄にすることは限りなく少ないと思います。

またヤフーカードはTカード一体型になっているのでこれ一枚で2役を担うことができます。

補償や保険が充実していて安心できる!

ヤフーカードで決済して90日以内の商品が万が一破損・盗難・火災などで損害を被った場合は所定の範囲で補償されるショッピングガード保険(動産保険)が付帯しています。

対象外となるものもありますので詳細は公式HPで確認いただきたいのですが、10,000円以上のもので年間100万円まで補償されます(自己負担3,000円)。

また月額490円でプラチナ補償に加入すればさらに18種類の補償を追加することが可能です!
詳細は公式HPで確認いただければ補償内容が確認できます。

参考 プラチナ補償一覧Yahoo!Japan

Yahoo! JAPANカードのまとめ

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)はPayPayには欠かせないカードです!
なぜならヤフーカードはPayPayに直接残高チャージができるたった一つのカードだからです。

今後キャッシュレス決済が普及していく中でPayPayは欠かせないツールであり、ヤフーカードとの相性は抜群です!

またヤフーカードは単体だけでも利便性が高く、ポイント還元は1.0%から最大3.0%にもなります。
Tカードも一体化しているので2枚のカードをこれ1枚で収めることができます。

ぜひこの機会にYahoo! JAPANカードをお申し込みください!

Yahoo! JAPANカード申し込みはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です