初心者がANAマイルを貯める方法を公開!

三井住友エブリプラスのキャンペーン&ポイントサイト比較!マイル還元率1.33%なのに年会費無料は異常!

こんにちは、ワタル(@mile_ouji)です。

クレジットカードを発行するなら最もお得な方法で入会したいですよね。
なんとなくネット上の情報を眺めながら
どれが本当にお得なのかわからなくなってしまうことはありませんか?

本来であれば今現在実施しているキャンペーンとポイントサイトの内容が
一覧で表示されているサイトがあればあなたも困らなかったかもしれません。

いろんなサイトを眺める時間を大幅に短縮するためにも、
この記事ではあなたのために、三井住友VISAエブリプラスのキャンペーン情報と、
各ポイントサイトを比較した情報をお伝えします。この記事を見れば完璧!

本当にお得に入会する方法をこのあとお伝えしていきます。

MEMO

なお三井住友VISAエブリプラスは2019年11月28日(水)をもって新規入会募集終了します!
つまり今月が最後のチャンスになりますので必ず申し込みしましょう!

三井住友VISAエブリプラスカードの最新キャンペーンは?
お得に入会するポイントサイトを徹底比較してみました!!

2019年11月現在実施しているエブリプラスのキャンペーン概要をお伝えします。
それに加えて各ポイントサイトのポイントについても紹介しますので、
キャンペーンを実施しているこの期間にポイントサイト経由で申込してみてください。

エブリプラスの最新キャンペーン内容について(最大14,000円)

現在実施中のキャンペーンではもれなく最大12,000円分をプレゼントしてくれます!

  1. キャンペーン期間中に三井住友VISAエブリプラスに入会
  2. カード入会2ヶ月後末日までにVpassアプリにログイン
  3. カード入会2ヶ月後末日までにカードかiD利用

上記3つをクリアすると利用額の20%(最大12,000円)がプレゼントされます!

さらに「マイ・ペイずリボ」というVISAのリボ払い制度に登録して50,000円利用すると追加で2,000円もらえます!
先ほどの20%キャッシュバックの12,000円と合計すると14,000円もらえることになります!

登録と利用は2019年12月25日までですのでお早めに!!
なお次に紹介するポイントサイトからエブリプラスを申し込みし、その後公式サイトの入会キャンペーンにエントリーしてください。

エブリプラスのポイントサイト案件を徹底比較!(2019年11月版)

公式サイトが実施しているキャンペーンの他にも、
ポイントサイトを経由で申し込みをすると、ポイントサイト独自のポイントも付与されます。

2019年11月の各ポイントサイトの状況は、

ポイントサイト 通常ポイント 期間限定ポイント ANAマイル換算
ハピタス 2,250P
(2,250円相当)
1,687マイル
モッピー 3,000P
(3,000円相当)
2,250マイル
ECナビ 30,000P
(3,000円相当)
1,500マイル
ポイントインカム 30,000P
(3,000円相当)
2,700マイル
すぐたま

11月現在はモッピー・ECナビ・ポイントインカムが3,000円相当で久しぶりに案件掲載されています。
また同じ3,000円相当でもANAマイル交換率ではポイントインカムがもっとも交換率が高く2,700マイルに交換可能です!

上記ポイントサイトなら同じ3,000円相当なのでどこでも構いませんが、高い交換率でANAマイルに交換できるポイントインカムがもっともおすすめです!

ポイントインカムの登録がまだの方はこちらから!

ポイントインカム登録はこちら!

MEMO

なおポイントインカムで高いANAマイル交換率を実現するためにはいくつかの条件が必要です。
その条件達成が難しい方はANAマイルにもJALマイルにも交換可能なモッピーがおすすめですのでご参考までに。

ポイントインカムで高い交換率を実現する条件

ポイントインカムは期間限定でANAマイル交換率が実質90%というインカムルート増量キャンペーンを実施しています!
その条件などは以下にお示しの通りですのでご確認ください。

インカムルート増量キャンペーン条件
  1. 100,000P以上の承認または承認待ちがついた方
  2. ポイントインカムからドットマネーに100,000P以上交換された方
  3. ドットマネーからTOKYUポイントに10,000マネー以上交換申請された方
  4. 増量ボーナスは月1回、100,000P申請分のみが対象(合計ではない)

つまりまとめると以下の通りです!

  1. エブリプラスをポイントインカム経由で申し込み30,000P承認待ちに
  2. ポイントインカム内の案件で70,000P以上を承認待ちに
  3. すでにあるポイントもしくは獲得した100,000Pをドットマネーに交換
  4. 交換された10,000マネーをTOKYUポイントに交換する

なおドットマネーからTOKYUポイントに交換しANAマイルにするためにはANA TOKYUカードが必要になります。
その理由や詳細についてはこちらの記事で詳細していますので合わせてご確認ください。

ANA TOKYUカードのポイントサイト比較!お得にマイルを貯めるならこのサイトから!

!三井住友エブリプラスは年会費無料でANAマイル還元率1.33%!

エブリプラスのメリットはやはりANAマイル還元率です。しかも年会費無料!!

ANAマイルを貯めるためには数千円から数万円の年会費を支払うことが多いですが、
エブリプラスは高還元率で年会費は無料。

しかしながらただキャンペーンを利用して申込して普通に使っていては損をします。
ANAマイル還元率を年会費無料で1.33%にするためにはしっかりとポイント抑えましょう!

注意

2019年9月にソラチカカード改悪が発表されてANAマイル還元率は低下が予定していますのでご注意ください。

エブリプラスはANAマイル還元率1.33%!その仕組みは?

ポイント還元率は通常0.5%

エブリプラスを利用すると1,000円につき1ワールドポイントが付与されます。
この1ポイントは5円相当のポイントのため、ポイント還元率0.5%となります。

これは普通と言えば普通のクレジットカードですね。
これをANAマイルに交換しても4マイルにしかなりません(マイル還元率0.4%)

これでは楽天カードやTポイントなどの方が還元率0.5%なので、
使い物になりそうにもないですね。ではなぜ人気なのか?

ポイントは2つあります。

マイ・ペイすリボ利用でポイント3倍(ポイント還元率1.5%)

ポイント1つめが「マイ・ペイすリボ」です。
このリボ払いを利用すれば1,000円つき3ポイントが付与されます。

一気にポイント3倍になるためポイント還元率1.5%に!
ANAマイルに交換すると12.15マイル!!(マイル還元率1.21%)

ここまでくれば一気に利用価値のあるクレジットカードになります。
クレジットカードのマイル還元率は一般的に0.5%〜1.0%が相場なので、
それよりも高いマイル還元率は魅力的です。

MEMO

リボ払いは利息を払うことになるから嫌だと思うかもしれませんが、
ちょっとした裏ワザを使うことで毎月支払う利息はたったの数円程度に抑えられます。

前年利用額実績に応じてボーナスポイントが付与

ポイントの2つめは「前年実績によるボーナスポイント」です。

ステージ 条件 ボーナス内容 ポイント
還元率
マイル
還元率
V1 前年度利用実績
50万円以上
50万円で50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント
1.55% 1.25%
V2 前年度利用実績
100万円以上
50万円で75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント
1.57% 1.27%
V3 前年度利用実績
300万円以上
50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント
 1.65% 1.33%

上記のように2年目以降は前年実績に応じてボーナスポイントがもらえます。
前年実績が300万円以上の方はステージV3となり2年目からマイル還元率1.33%になります。

前年実績が50万円以上でもマイル還元率は1.25%になるためとてもお得です!
マイル還元率だけで比較すれば、年会費31,000円のSPGアメックスと同等です。

SPGアメックスの最新キャンペーンを紹介!一撃で最大94,800ポイントGETも可能!

エブリプラスは「マイ・ペイすリボ」「前年実績によるボーナスポイント」によって
年会費無料でマイル還元率1.33%という驚異的な数字を叩き出します!

還元率が高いカードでANAマイルを貯めたいけど年会費が気になるという方は、
三井住友VISAエブリプラスカードを検討してみてはいかがでしょうか?

注意

決済実績に応じたボーナスポイントは2021年1月支払い分までが対象です。
2021年2月以降のお支払い分はステージ判定対象外となりますのでご注意ください。

エブリプラスは年会費が永年無料

三井住友VISAエブリプラスは無条件で「年会費永年無料」です。
年間利用額などの条件なしでANAマイル還元率1.33%は異常とも言えます。

実はANAマイル還元率1.33%よりも高い還元率のカードはあります。

  • 還元率2.00%:ANAダイナースプレミアムカード(年会費155,000円)
  • 還元率1.90%:ANA VISAプラチナプレミアムカード(年会費80,000円)
  • 還元率1.64%:ANA VISAワイドゴールドカード(年会費14,000円)
輝かしい還元率の高さで驚きますよね。
しかし注目いただきたいのは「年会費」です!!

やはりマイル還元率は年会費に比例するのではないかと思ってしまうくらい、
年会費が高いですね。一般的には手の届かないカードもあります。

それに比べると「三井住友エブリプラス」は優秀ではないですか?
年会費無料でANAマイル還元率が1.33%。

この数字は決して悪くないと思います。いや素晴らしい還元率です。
通常年会費無料のクレジットカードのマイル還元率は0.5%くらいですから。

これだけ優秀なクレジットカードは人気がありますし、
もしかしたらいずれ還元率が低下する可能性もあります。

そのいい例が「エクストリームカード」です。
このカードもかつては年会費無料カードで高い還元率で絶大の人気がありました。

しかしそれも昔話し。改悪によって淘汰されました。
そのため「三井住友エブリプラス」も今のうちに使い倒す必要があります。

エブリプラスはエクストリームカードの後継者になれるのか?

MEMO

エクストリームカードとは?
改悪前は年会費無料でANAマイル還元率1.35%の人気カード。
Gポイント交換比も1.5倍で現金交換としてキャッシュバックできた。

多くのエクストリームカード所有者はこぞってカード変更を余儀なくされました。

そのため還元率は1.35%から1.33%に0.02%劣るがエブリプラスは脚光を浴びたわけです。
おそらく今後年会費無料カードでマイルを貯める方はエブリプラス一択になります。

ポイントインカム登録はこちらから!

ソラチカ改悪で三井住友エブリプラスは必携カードに?

三井住友VISAエブリプラスは年会費無料でマイル還元率が高いからオススメですが、
他にもメリットがあります。

その鍵になるのが三井住友VISA独自のポイント「ワールドプレゼントポイント」です。

注意

2019年9月さらにソラチカカードの改悪が発表されていますのでご注意ください。

新ソラチカルートにはワールドプレゼントポイントが必要

2018年4月以降、ソラチカカードの入口が封鎖される改悪があり、
これまでとは違った「LINEポイントルート」というものが定着しました。

改悪があってもソラチカカードの威力は健在です。

今でもANAマイルを効率よく貯めるためには「ソラチカカード」が必須です。
その理由はポイントサイトで貯めたポイントを、通常カードだと50%程度の利率ですが、
ソラチカカードなら81%の利率でANAマイルに交換できるからです。

実はあるポイントサイトはこの利率を維持するために三井住友VISAカードが提供する、
ワールドプレゼントポイントを利用する必要があります。

そのポイントが「ハピタス」「ポイントインカム」「ECナビ」などです。
あげれば切りがないのですがこの辺までは抑えていくといいと思います。

ハピタスはPex→ワールドプレゼントポイント→Gポイントの順で交換し、
GポイントからはLINEポイント→ソラチカ→ANAマイルでANAマイルになります。

この「ワールドプレゼントポイント」が三井住友VISAカードを所有しないと
貯めたり交換したりできないポイントになります。

ソラチカ改悪前まで多くの方が「ハピタス」を活用していたので、
改悪後は必然的に、このルートでANAマイルを貯める必要があります。

三井住友VISAエブリプラスを保有すれば当然ながらこのルートが利用できます。
今後ハピタス・ECナビ・ポイントインカムを利用するのであれば、
ポイント交換という点からもエブリプラスをオススメします。

Gポイントを活用すればポイント期限が無期限に!

ワールドプレゼントポイントはGポイントと相性が抜群です!
それぞれのポイントは双方向に交換することが可能で、
交換利率も等価交換なので、この間は無限ループにポイント交換しあうことが可能です。

これを利用することでポイントを有効期限切れで失効することがなくなります。

実はGポイントには有効期限があります。

MEMO

Gポイントの有効期限は、最後にGポイントを交換・取得もしくは利用した日より12ヶ月間。と定められています。そのため上記時点から13ヶ月目にポイントが失効します。

ソラチカカードは月間20,000ポイント(18,000マイル)分しかANAマイルに交換できません。
ポイントタウン以外のポイントサイトはGポイントからLINEポイントに交換し、
ソラチカルートでANAマイルに交換します。

うっかりしていると12ヶ月が経過してポイント失効とならないように注意しましょう。
万が一12ヶ月経過しそうなのであれば、Gポイントとワールドプレゼントポイントの
双方向交換で失効回避するしかありません、

三井住友エブリプラスのまとめ

年会費無料でありながらANAマイル還元率は驚異の1.33%!!
これまでのエクストリームカードを彷彿させるエブリプラスカード。

ANAマイル還元率を1.33%にするためにはポイントが2つ!

  1. マイ・ペイすリボで数円程度の利息を発生させる
  2. 前年度実績によるボーナスポイントをもらう

これ以外にも陸マイラー活動をしていく上で必要なワールドプレゼントポイント、
ハピタスなどのポイントサイトはこのポイントを経由する必要があり、
カード決済をしなくても所有する意義は十分あります。

2019年11月が三井住友VISAエブリプラスを申し込める最後のチャンスです!
そのタイミングでポイントインカムが3,000円相当のポイントを付与し、さらに三井住友VISAカードが14,000円相当のキャンペーンを実施しているので絶好のチャンスです!

この絶好のチャンスをお見逃しなきようポイントサイトに登録してエブリプラスを発行してください!

ポイントインカム登録はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です