初心者がANAマイルを貯める方法を公開!

マリオットボンヴォイ誕生で最新キャンペーンや特典はどう変わる?SPGアメックスと比較!

マリオット・リッツカールトン・SPGは2019年2月13日にいよいよマリオットボンヴォイとして完全統合されます。

日本のSPGアメックスカードはどうなるのか?キャンペーン特典は継続するのか?
さまざまな不安や憶測があるかと思いますので、現状の公表内容についてまとめてみました!

今後も追加内容が発表され次第内容を追記していきますのでご参考ください。

マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)が誕生!
最新キャンペーンやカード特典がどう変わるのか解説します!

マリオットボンヴォイの最新キャンペーンについて

キャンペーンについては2019年2月13日に完全統合後に正式発表されるかと思われますが、
ホテル宿泊料金やポイントに関してなにかしらのキャンペーンが実施されるとのことです。

また現在SPGアメックスカードが新たに名称を変更して新しいカードが発行されるという情報はありません。
引き続きSPGアメックスカードがメインになるかと思います。

しかしながら本家のアメリカではすでにSPGカードが新しいカードに生まれかわることが発表されていますので、
近い将来日本のSPGアメックスカードも生まれ変わるかもしれません。

現行のSPGアメックスの新規入会キャンペーンについてはこちらの記事を参考にしてください。
SPGアメックスの最新キャンペーンを紹介!一撃で最大94,800ポイントGETも可能!

カード特典の変更はあるのか?

現在のところSPGアメックスは日本ではこのまま継続されることが決まっています。
そのため日本に関しては現行のSPGアメックスのままと考えていただければと思います。

すでに説明は不要かと思いますがSPGアメックスは以下の特典を持っています。

SPGアメックスの特典について
  1. カード発行でマリオットホテルグループのゴールドエリート会員になれる
  2. 上記会員になるとルームアップグレードやレイトチェックアウトなどのサービスが受けられる
  3. カードを更新するとマリッオットホテル系列に無料で1泊できる
  4. ポイントをANAやJALマイルに交換できる(還元率1.25%)
  5. ANAやJAL以外の世界40ヶ国の航空会社マイレージに交換できる
  6. そのたアメックスカード本来の特典もある

マリオットボンヴォイ誕生でプログラムはどのように変わるのか?

ホテルブランドやカテゴリーについて

マリオットボンヴォイに完全統合することでホテルのカテゴリーも発表されました。

カテゴリー ホテル名
LUXURY リッツカールトン
セントレジス
エディションホテル
Wホテル
JWマリオット
PREMIUM マリオット
シェラトン
マリオットバケーションホテル
デルタホテル
メリディアン
ウェスティン
オートグラフコレクションホテル
デザインホテル
ルネッサンスホテル
トリビュートポートフォリオ
ゲイロードホテル
SELECT コートヤード
フォーポイント
スプリングヒルスイート
プロテアホテル
フェアフィールド
ACホテル
アロフト
モクシー
LONGER STAYS マリオットエグゼクティブアパートメント
レジデンスイン
タウンプレイススイート
エレメント

これまではマリオット・リッツカールトン・SPGの3つのホテルブランドがありましたが、
マリオットボンヴォイ誕生でこれらが全て統一されることになります。

エリート区分について

SPGアメックスに入会するとこれまでマリオット系列のゴールドエリート会員になれました。
今後もこの特典は変更ありません。

しかしながらマリオットボンヴォイに完全統合されることからエリート名称も一部変更になっています。

旧エリート区分 新エリート区分
一般会員 一般会員
シルバーエリート会員 シルバーエリート会員
ゴールドエリート会員 ゴールドエリート会員
プラチナエリート会員 プラチナエリート会員
プラチナプレミアエリート会員 チタンエリート会員
プラチナプレミアエリートアンバサダー会員  アンバサダーエリート会員

これまでプラチナエリート会員以上の名称が分かりにくかったところを今回は改善する予定です。

SPGアメックス保有者は今後も変わらずゴールドエリート会員であることは間違いないです。

ゴールドエリート会員の特典についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
SPGアメックスの最新キャンペーンを紹介!一撃で最大94,800ポイントGETも可能!

米国で発表された新カードについて

日本では現行のSPGアメックスカード継続がアナウンスされていますが、
本家アメリカでは2019年2月13日マリオットボンヴォイ完全統合と同時に新しいカードに切替ります。

また日本にはSPGアメックス1種類ですが、アメリカでは3種類あるのでさまざまなニーズに応じた選択ができるので、日本にも導入してほしいなと思います。

マリオットボンヴォイアメックスカード(年会費95ドル)

もっともシンプルかカードがアメリカにはあります。
年会費も10,000円前後と安く、シルバーエリート会員になれるカードです。

年間35,000ドル決済でゴールドエリート会員になれます。
無料宿泊特典もつきますが、35,000ポイントまでのホテルに限定されています。

マリオットボンヴォイブリリアントアメックスカード(年会費450ドル)

日本のSPGアメックス同様にゴールドエリート会員の特典がついている唯一のカードです。
年会費も日本円でおよそ50,000円もするカードですが、日本のSPGアメックスよりもランクが上な気がします。

例えば、同伴者2名まで無料でラウンジ利用が可能なプライオリティパスが付帯されていたり、
年間75,000ドルを決済するとプラチナエリート会員になれたりします。

マリオットボンヴォイビジネスアメックスカード(年会費125ドル)

日本にはないビジネスカードです。

付与されるのはシルバーエリート会員ですが、通常無料宿泊特典は1泊のみですが、
ビジネスカードらしく年間60,000ドル決済すると2泊目の無料宿泊特典が追加でもらえるサービスがあります。

しかしながら決済のみでのゴールドエリート会員ランクUP特典はありません。

まとめ

2019年2月13日にマリオットボンヴォイに完全統合されます。
これによってSPGアメックスカードにもさまざまな環境変化が予想されます。

しかしながら現状発表されている内容では日本のSPGアメックスは現状維持が予定されていて、
何か変化がある時は改めて公式発表があると思います。

ロイヤリティプログラムやホテルカテゴリーやエリート区分の変更などはありますが、
これまでのSPGアメックスの素晴らしい特典やサービスは継続しますので今後もSPGアメックスライフを充実したいですね。

これからSPGアメックスカードを持ちたい、今まさに検討していたという方は、
迷わず今からSPGアメックスを保有することをオススメします!

現在はカード特典だけではなくキャンペーンも魅力的な内容になっていますのでこちらの記事を参考に検討してみてください。
SPGアメックスの最新キャンペーンを紹介!一撃で最大94,800ポイントGETも可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です